葬儀にふさわしい花

葬儀にふさわしい花

葬儀にふさわしい花 お通夜や告別式といった葬儀の場の供花には、ふさわしい種類や選ぶ際のポイントがあります。
葬儀の際に斎場やお寺へ飾るものは、高さがあり見栄えも良いスタンドタイプやアレンジメントがおすすめです。
離れた後ろの席からでもよく分かる豪華さで贈り主の名札が埋もれてしまうことなどもなく、お別れの席を飾るのにふさわしい仕上がりになっています。
白い菊をメインにしたオーソドックスな和のタイプは、どんな宗派にも対応できるので便利です。
同じく白をベースにユリや胡蝶蘭をあしらった洋のタイプは、クリスチャン系や宗派を問わない場合に使用することができます。
贈る際に迷ったり宗派が分からない場合には、和のタイプにする方が安心です。
予算や置き場所に合わせて高さのないフラワーアレンジメントや籠のアレンジにしたり、サイズアップして質やボリュームをアップすることなどもできます。
花は白の菊を中心に落ち着いた色味で統一し、グリーンの量や全体のバランスを踏まえることも大切です。

葬儀に備える花で、やってはいけないタブーとは?

葬儀に備える花で、やってはいけないタブーとは? お葬式に備える「供花」を初めて送る時はどんなことに注意すればいいのでしょうか。
選び方やマナー、やってはいけないタブーなどをご紹介します。
お通夜や告別式などに、故人を偲んで飾られるのが供花です。
通常は葬儀会場の壁や祭壇の周りに並べられていますので、お葬式に参列したことのある人であれば誰でも目にしたことがあるでしょう。
基本的には白い菊をメインに飾り付けられており、以前は2つ1組を基本としていましたが、現在では1組で送ることも増えてきています。
送る側の配慮としては何かとあわただしい遺族の負担にならず、故人への思いをこめて送ることが大切です。
通常は葬儀会社によって形式が決まっていますので、送り手が種類や飾り付けを考える必要はありません。
送る際は、遺族に何も伝えずに送るのはタブーです。
遺族に連絡せずに送ったため、遺族から受け取りを辞退されるケースもあるようです。
また、遺族側は並べる順番などを決める必要がありますので、送り主の名義や故人との関係をはっきりと明記することが大切です。